SVGアニメーション – Web Animations API を使う – KeyFrameEffectについて

javascript

SVGアニメーション – Web Animations API を使う – KeyFrameEffectについて

KeyFrameEffectを試します。

基本構文

new KeyframeEffect(target, keyframes)
new KeyframeEffect(target, keyframes, options)
new KeyframeEffect(sourceKeyFrames)

サンプル

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>テストHTML</title>

<style>
.animate_timeline_dom {
    background-color: #cccccc;
    width: 150px;
}
</style>

</head>
<body>

<input type="button" id="button_1" value="animate timline test">
<div class="animate_timeline_dom">Test DOM</div>

<script>

button_1.addEventListener('click', () => {

	// DOM要素を取得
	let animate_timeline_dom = document.querySelector(".animate_timeline_dom");

	let keyframes_test = new KeyframeEffect(
		animate_timeline_dom,
		[
			{transform: "translateX(0px)"  },
			{transform: "translateX(200px)"},
			{transform: "translateY(100px)"},
			{transform: "scale(2)"         },
		],
		{ duration: 5000 },
	);
	
	let anim_test = new Animation(
		keyframes_test,
		document.timeline,
	);

    // アニメーションの再生
    anim_test.play();

}, false);
</script>
 
</body>
</html>

サーバ上のHTMLはこちら(test1.html)

サンプルでは、以下の箇所がKeyframeEffectを使用した定義です。

	let keyframes_test = new KeyframeEffect(
		animate_timeline_dom,
		[
			{transform: "translateX(0px)"  },
			{transform: "translateX(200px)"},
			{transform: "translateY(100px)"},
			{transform: "scale(2)"         },
		],
		{ duration: 5000 },
	);

targetは対象のDOM
keyframesは任意のアニメーションの内容を指定
optionsは任意のタイミングプロパティの内容を指定

前回の投稿で、animation の基本構文を書きました。

var animation = new Animation([effect][, timeline]);

この「effect」については、次の定義になります。

(MDNから抜粋)
このアニメーションに関連付けられた AnimationEffect を取得または設定します。
これはふつう、 KeyframeEffect オブジェクトになります。

上記のサンプルで、アニメーションの定義を次のようにしていますが、

	let anim_test = new Animation(
		keyframes_test,
		document.timeline,
	);

「keyframes_test」という記述が「new KeyframeEffect」したものであり、それが「new Animation([effect][, timeline]);」のeffectとして割り当てていると言えます。